アインファーマシーズの評判を登録販売者目線で分析

ドラッグストア分析
スポンサーリンク
皆さん、こんにちは。宮崎です。

経済専門家目線でもなく、株主投資家目線でもなく、薬剤師の目線でもなく、登録販売者の目線で企業を分析シリーズ。

宮崎
宮崎

本日は、全国にアイン薬局の調剤薬局や、女性向けのトータルビューティショップのアインズ&トルペ、を展開しています。「アインファーマシーズ」について、分析をしたいと思います。
これから、ドラッグストアに転職を考えている方、他社に転職を考えている方、是非参考にしていただければと思います。

 

「アインファーマシーズ」を分析!

スポンサーリンク

「会社概要の分析」【分析】

会社名  株式会社アインファーマシーズ
本社  北海道札幌市白石区東札幌五条2丁目4-30
代表者  代表取締役社長 大谷 喜一
設立  1969年8月
資本金  218億9,497万円
直営店舗 調剤薬局 1,132店舗、コスメ&ドラッグストア 54店舗
従業員数 10,652人(うち薬剤師 4,904人)

株式会社アインファーマシーズは、北海道から成りあがった株式会社アインホールディングスの子会社一つです。

アインホールディングスは、
全国に展開している「アインファーマシーズ(アイン薬局・アインズ&トルペ)」
新潟に展開している「株式会社ダイチク」
首都圏中心に展開している「株式会社あさひ調剤」等の調剤薬局
調剤備品・医薬品の卸等をしている「株式会社ホールセールスターズ
化粧品の企画~製造をしている「株式会社アユーララボラトリーズ
等、医療に携わる事全てをしている、グループ会社です。

株式会社アユーララボラトリーズ

「株式会社アユーララボラトリーズ」は、「AYURA」というブランドで、全国にあるアインズ・トルぺ、百貨店、バラエティショップで販売されています。

銀座に「AURYA GINZA」という専門のカウンセリング型のショップもありますね。

宮崎
宮崎

「アユーララボラトリーズ」は、資生堂の子会社で、「アユーラ」ブランドで、百貨店中心に75店舗展開し、2015年3月期の売上高は27億7100万円売り上げていました。
しかし、他社との差別化を図りたいアインファーマシーズとの交渉の上、資生堂が譲渡する形となった経緯があります。

スポンサーリンク

アインファーマシーズ

アインホールディングスで、調剤は勿論ですがビューティ部門にとても力を入れています。

北海道・首都圏54店舗展開しているコスメ&ドラッグストアの「アインズ&トルペ」

薬剤師が選びぬいた化粧品アイテムがコンセプトの「LIPS and HIPS

瞳からメイクアップ!というコンセプトの「DAZZSHOP

宮崎
宮崎

では、アインファーマシーズのドラッグストアを担っている
「アインズ&トルペ」について解説したいと思います!

「アインズ&トルペ」

 

アインズ&トルペの2020年4月期第2四半期決算では、130億9900万円(4.4%増)、営業利益は4億4200万円(19.9%減)でした。
アインズ&トルペ ボーノ相模大野店
浅草ROX店
ペリエ千葉店
川崎ゼロゲート店
ポールタウン2店
柏モディ店
栄セントラルパーク店
ペリエ海浜幕張店等計10店舗出店を行い、現在総店舗数は60店舗まで増えています。
独自ブランドであるPB品で、攻めているので差別化にはなっていますね。

アイングループの2020年4月期第2四半期決算発表で、増収減益でした。

主要株主に関しての分析

アインホールディングスの主要株主は、
大谷 喜一 3,238千株
セブン&アイホールディングス 2,750千株
と至って、親族経営も無く、至って普通の企業ですね。

セブンが、何故アインの大株主になったのか?

セブンは、薬事法改正、医薬品販売の規制緩和をチャンスと見て大株主になったと思います。

現状はセブンで医薬品も置いていないですし、メリットを享受はしていませんね…(´゚д゚`)

 

「給料・福利厚生は?」

四大卒:190,000円~210,000円
短大・専門学校卒:170,000円~190,000円
※勤務地により異なる
昇給、賞与
昇給年1回 賞与年2回(7月、12月)
通勤手当
全額支給(非課税限度内)
勤務時間
実働平均週32時間、週40時間、その他から選択
休日、休暇
各社規定による1ヶ月の変形労働時間制
社宅制度
家賃の最大80%を会社が補助
(採用コースにより異なる)
研修制度
新人研修、フォローアップ研修、担当者研修、店長研修・マネージャー研修、海外研修、資格取得支援制度

宮崎
宮崎
基本的に、調剤の会社なので、登録販売者の求人は少ないです。
それに、給料があまりよくないと思うので、個人的にはおススメしません。

 

コメント