ココカラファインの評判を登録販売者目線で分析

個人的にドラッグストア分析
スポンサーリンク
皆さん、こんにちは。宮崎です。

経済専門家目線でもなく、株主投資家目線でもなく、薬剤師の目線でもなく登録販売者の目線で企業を分析シリーズ。

宮崎
宮崎

本日は、「ココカラファイン」について、分析をしたいと思います。

これから、ドラッグストアに転職を考えている方、他社に転職を考えている方、是非参考にしていただければと思います。

 

「ココカラファイン」を分析!

スポンサーリンク

「会社概要の分析」

名称
株式会社ココカラファイン
本社所在地
〒222-0033
神奈川県横浜市港北区新横浜3-17-6イノテックビル
代表者
代表取締役社長 塚本 厚志
設立日
2008年4月1日
資本金
10億円
事業内容
ドラッグストアチェーンの運営等を行う子会社及びグループ会社の経営計画・管理
【分析】
ココカラファインは、
株式会社ココカラファイン ヘルスケア(神奈川)
セガミメディクス株式会社(大阪)
株式会社セイジョー(関東、静岡)
株式会社ジップドラッグ(東海、関西)
株式会社ライフォート(近畿)
株式会社スズラン薬局(北海道)
有限会社メディカルインデックス(北海道)の計子会社6社で連合を組んで構成されています。
ドラッグストア業界のM&A戦略の先駆け企業と言えるでしょう。

話はそれますが、
「株式会社日本M&Aセンター」という会社は、M&Aを専門にやっている会社の中で有名です。


日本M&Aセンターは、業績も良いです。業界問わず、M&Aが活発の為、業績も良いです。
では、社員の平均年収は、いくらだと思いますか?
日本M&Aセンターの年収は1325万円が平均年収です。(有価証券報告書調べ)

いかに、小売業界の年収の低いという事が分かります。

ドラッグストアの登録販売者は、平均420~500万円前後だと思います。(薬剤師を抜いて、登録販売者店長含めての平均年収)

ところで、M&Aの買い手側のメリットは、事業の拡大が出来る事だとお分かりだと思うのですが、デメリットはなんだと思いますか?

スポンサーリンク

買収された企業の従業員の離職だそうです。


というように、買収されると会社のやり方も変わり、転職をする人が出てきます。

今後、ドラッグストア業界はM&Aを各社行い、恐らくトップ5位ぐらいまで、集約されると思います。

給料も上がる事も無いかですし、会社もどうなるか分からないので、個人で資産形成をしておいた方が良いと思います。

多くのDSで取り入れている企業型確定拠出をきちんと確認する事をお勧めします。

話がそれましたが、本題に戻ります。

それから、株式会社コダマ(新潟)と有限会社くすりのえびな(北海道)を完全子会社しています。

2013年11月に株式会社岩崎宏健堂 (山口県、広島県)クスリ岩崎チェーンがグループ会社に参加し、着々と勢力を拡大していきます。

そして、『ココカラクラブカード』というプリペイドカードを作り、ドラッグストア業界では、いち早くキャッシュレス化を図っていました。

他に、事業として「株式会社シーエフエナジー  事業内容 グループ企業向け電力小売事業」を行っています。
自前で、店舗の電力を賄う為に、設立した会社です。

色々な部分で、先行投資を行う企業だなぁという印象を受けました。

「役員・執行役は?」

代表取締役社長
塚本 厚志(つかもと あつし)1962年11月4日生
1985年4月株式会社セイジョー入社
1996年 12月株式会社セイジョー取締役支店部長
1999年7月株式会社セイジョー取締役営業部長
2001年12月株式会社セイジョー常務取締役営業本部長
2002年12月株式会社セイジョー代表取締役社長
2008年4月当社代表取締役社長(現任)
2016年4月株式会社ココカラファイン ヘルスケア代表取締役社長(現任)
2018年5月株式会社WINドラッグ取締役(現任)

明治薬科大薬卒の社長です。

取締役副社長管理本部長 経営戦略室担当
山本 剛(やまもと つよし)
この方は株式会社富士銀行(現株式会社みずほ銀行)からの転職された方です。

また、話はそれますが、「役員」の意味は知っていますか?
役員は、法律でいうと


①取締役

②会計参与

③監査役


だそうです。

「取締役」の意味はなんだか知っていますか?

取締役というのは、取締役会において、会社の方針いうのとか、重要な事を決定する時にあつまるメンバー、なんです。

知識として、覚えておくと良いかと思います。

スポンサーリンク

「ココカラファインの主要株主は誰?」

ココカラファイン従業員持株会  973千株  72億円
第一三共ヘルスケア       605千株  45億円
齊藤 眞由美          614千株  45億円

従業員持株制度があります。マツキヨとスギの取り合いで、従業員の株が上がるとは思いますので、株を持っている人は売り時かもしれないです。


斎藤真由美氏は、セイジョーの創業者のご長男の齊藤正人氏の奥さんです。

「給料・福利厚生分析」

【給料】
(モデル年収)
専・短・高専卒 月給18万円以上
大卒以上 月給20万円以上
【年収例】
460万円/5年目/店長/月給27万円※一律店長手当含む
370万円/5年目/店舗スタッフ/月給22万5000円
(リクナビ転職から引用)
【福利厚生】
●社員割引販売制度、持株制度、労働組合
●福利厚生業者(リロクラブ)
●店舗セキュリティシステム完備
●結婚祝金、出産祝金、病気見舞金
●弔慰金、災害見舞金
●永年勤続表彰
●退職金(確定拠出年金)
●居住地手当(東京23区・横浜市・川崎市内居住の方)
●登録販売者手当
●役職手当
●扶養手当(配偶者:8000円/月・子1人:4000円/月)
スポンサーリンク

給料の部分で、店長で460万円という点が少し気になりました(恐らくMAXでしょう。)

福利厚生も大手ですので、基本的な部分は整っていると思います。


口コミを見ると、残業で稼ぐと口コミも見たことあるので、最低いくら貰えるのか。ここは、必ず確認した方が良いと思います。

今後、国内の人口が減っていき、各社経営が厳しくなり、販売管理費のチェックも厳しくなっていくと予想されます。

更に働き方改革が推進されていく中で、残業で稼ぐなんて事は、難しくなっていくでしょう。


残業で、稼がなくてもある程度は、給料が保証されると安心が出来るとは思いますが…。

ただ、残業代も1分単位でつき、労働組合もあり、確定拠出年金もありますので、その点は安心できるとは思います。

個人的には「リロクラブ」はとても良い制度だと思います。

カフェテリアプラン」という福利厚生を使用した事があるのですが、毎年一定額分のポイントが貰えて、そのポイントの範囲内で必要な福利厚生のサービス利用できて、色々な、用途で使えるので重宝しておりました。


しかし、今後の合併次第で、会社がどういった方向に進んでいくかが懸念材料となります。


ココカラファイン、はバローHD、エイチ・ツー・オーリテイリングと提携するなど、他社との連携に積極的な企業と提携しています。

バローと提携をした事で、「アクトスWill_G」というスポーツジム併設した店舗を作ったりと、良い意味でも、悪い意味でも、本当に色々な事を行う企業だと印象を持ちました。

マツキヨが「ベトナム」「香港」に進出を検討しているみたいです。

コメント