コスモス薬品の評判を登録販売者目線で分析

個人的にドラッグストア分析
スポンサーリンク
皆さん、こんにちは。宮崎です。

経済専門家目線でもなく、株主投資家目線でもなく、薬剤師の目線でもなく登録販売者の目線で企業を分析シリーズ。

宮崎
宮崎

本日は、「コスモス薬品」について、分析をしたいと思います。

 

これから、ドラッグストアに転職を考えている方、他社に転職を考えている方、是非参考にしていただければと思います。

 

「コスモス薬品」を分析!

スポンサーリンク

「会社概要の分析」

社   名
株式会社コスモス薬品
設   立
1983年(昭和58年)12月
代 表 者
代表取締役会長:宇野 正晃
代表取締役社長:横山 英昭
従業員数
正社員:4,240人
平均臨時雇用者数:13,441人
在籍者総数:33,375人(2019年5月末)
資 本 金
41億7,856万6,600円
年   商
6,111億37百万円(2019年5月期)
子 会 社
株式会社グリーンフラッシュ
株式会社コスモス・コーポレーション
本   社
〒812-0013
福岡県福岡市博多区博多駅東2丁目10番1号 第一福岡ビルS館4階
【分析】
コスモス薬品は、九州発祥のドラッグストアで、郊外店舗を強みとして、ここ最近急激に勢いを伸ばしている企業です。
この企業の店舗を見ましたが、正直味気ない企業だという印象を受けました。
働く側からしていれば、人を管理することに面白みを感じない人は、やりがいを見出せないと思います。この会社の戦略を、簡単に言うと「EDLP」ですね!
Everyday Low Price の略で、特売期間を設けず、各商品を年間を通じて同じ低価格で販売する価格戦略の事です。

メリットとしては、広告により消費者に特売を告知する必要が無いため、販促費の軽減が可能になります。

デメリットとしては徹底した売上原価の低減とローコストオペレーションが不可欠ですね

コスモスの店舗には異常なほど、監視カメラが設置してあります。これは、万引きが1件が自分達の店の致命傷に陥らせるという事を自覚しているからだと思います。

防犯カメラの数、尋常じゃない…! セキュリティ意識が強すぎるドラッグストアが話題に

そして、戦略は「ザっ!!チェーンストアの鏡」みたいな印象を持つ企業です。

「小商圏型メガドラッグストア」というフォーマットで、商圏人口1万人で成り立つフォーマットとして、自社競合をいとわずにドミナント出店を行う会社です。


特売やポイントカードを廃止しながら、物流や店舗作業の平準化などの取り組みを進化させ続けて、の販売管理費率は15.7%!!(マツモトキヨシの販管費は、24.3%です。)

とにかく、ローコストで廻せる、オペレーションが確立されていると思います。

基本的に生鮮食品は扱っていないので、。クスリのアオキ、クリエイトSDとは違う戦略の郊外型店舗の大企業です。

日配、グロサリーを低価格販売し、売上げを大きく伸ばしています。(食品で客を集めて、薬を買わせる!みたいな感じ…そんなにうまくはいかないと思いますけどね。)

年々食品の売上高構成比は上がってきているが、食品を主体としてます。

食品を取り扱うドラッグストアは、スーパーと違い、少人数で期限チェックを行わなければいけません。
転職を検討されている方は、少人数で確認できるチェック方法の確立が出来ているのか、お店で確認してみるといいと思います。


例えば、他企業の代表的なチェック体制として、値札に一番古い日付を付箋で記入しておくことで、その期限を定期的に見れば、その商品の期限が分かります。

期限間近であれば、見切り品コーナー等で販売して、その商品の一番古い期限をまた付箋に記入しておき、それを廻していくというやり方があります。

ただコスモス薬品の懸念点は、キャッシュレス化が進む現代に通用するか?ですね。

九州では大丈夫かもしてませんが、東京に進出してきている今、都内ではキャッシュレスが当たり前です。

コスモスのあの安さの理由は、クレジット会社手数料が無い事や、現金商売を行う事でキャッシュの回転がスムーズにいからこそ、あの価格を実現出来るというカラクリもあると思います。

話は変わりますが、支払い時に、クレジットを使用使用とした時に、お店側から、クレジット支払いの手数料をお客に払わせることはいけないって知っていましたか?

クレジットで払おうとすると、「お客さん、クレジットで払うと手数料かかるよ!」なんて言われた経験ありませんか??

先日、とある中国マッサージ店に行って、気持ちよーく足つぼマッサージをしてもらって支払いをクレジットで払おうと思ったら、「クレジット使うと、手数料かかるよ!お客さん!!」と怒鳴られました。

実は、お客さんから加盟店側の手数料をとるのは「やってはいけない」決まりになっています。(情報弱者ですね。)


皆さん豆知識として、覚えておいても良いかもしれません。

とまぁ、脱線をしましたが、コスモスは、着々と勢力を伸ばしているので成長しているという事は顧客から、支持されているという事です。

店舗が今後増えていけば、メーカーに対して色々と強く言える立場になるので、クレジットを使えるようにしても粗利が取れる状況になるのかもしれません。

個人的には、コスモスは駅前店舗は上手くいかない気がしますので、現在都内に3店舗出店していますが、上手くいかない気がします。

コスモスの強みは、郊外でこそ生きると思います。

ただ、2020年から関東に1000店舗の出店攻勢をかけると宣言していることから、本格的に全国出店を行っていくと思います。

スポンサーリンク

コスモスの役員の方を紹介しようと思ったのですが、全員コスモス出身の方でしたので、そこまで調べる必要はありませんでした。

全員がコスモス出身という事は、裏を返せば頑張れば本部に行けるチャンスがあるという事なので、本部を目指している方は良いかもしれません。

「コスモス薬品の主要株主は誰?」

宇野之崇 3.00 (%)
宇野愼里子 2.53
宇野史泰  2.53
公益財団法人余慶会 3.75
有限会社萬緑 38.29

コスモスも、同族経営です。

株価も、19000円台なので、とんでもなく高いです。

公益財団法人余慶会は、創業者が設立した財団です。

「給料・福利厚生は?」

【給料分析】
(モデル年収)
■ナショナル社員
【経験者以外】
月給20.6~26万円
【経験者】
月給27.3~31万円(固定残業代5.25~5.5万円含む)■リージョナル社員
【経験者以外】
月給18.5~26万円
【経験者】
月給24.71~27.71万円(固定残業代4.71~5万円含む)■エリア社員
【経験者以外】
月給17~24万円
【経験者】
月給23.21~28万円(固定残業代4.71~5万円含む)
スポンサーリンク

経験者なら、月額ではある程度は保証されている給料を提示してくれるのではないでしょうか。

賞与が計2か月と聞くので年収ベース見ると低いかもしれません。

ただ、EDLPをしている企業という事を念頭においてください。

社員の給料は、売り上げから出てるのではなく、粗利から出るのです。

重要なのは、粗利です。

コスモスの看板の名前は…、

ディスカウント・ドラッグストア・コスモス!!ですから。

(福利厚生)
◆社会保険完備
◆退職金制度
◆社員持株制度
◆各種研修・外部講習あり
◆住宅補助制度
◆リフレッシュ休暇制度→6連休を年1回or4連休を年2回 ※取得率100%
◆らくらく引越し→引越し業者の手配、引越し費用を会社が負担します ※大型の荷物除く
◆スタッドレスタイヤ補助→会社規定の積雪地域へ赴任する場合、上限8万円を1回支給
◆社宅制度→月額3万5000円程度 ※駐車場付き
◆通勤手当(月1万9800円まで)
◆登録販売者手当(登録販売者試験 合格者/月5000円~1万5000円支給)
◆赴任手当(リージョナル・ナショナル社員のみ)
◆交通手当(会社規定地域で支給)
◆休日・休暇→年間休日110日

福利個性も大手ならではで、きちんと整っています。
噂によると残業があまりないだとか…。真実は分からないですけど…。

ただ、働くエリアが限定されている、社員の区分も分かれていますし、働きやすい環境を整えようとする感じが見ていて読み取れました。
支援発注もきちんとシステムとして、ありますし、作業に時間をかけないというシステム作りはありますね。

ただ、
「経験者コースは1ヶ月単位の変形、月間総労働時間198.25h 想定される時間外:30.25h」と記載があったので、店長・副店長は、残業は確実にあると思います。

通しが、月に何回か決まっているらしいので、通しが嫌な人はキツいかもしれないですね。

この求人表に結構細かく書いてありました!

転職を検討している方、是非参考にしてみて下さい!

コメント