サツドラホールディングス株式会社を登録販売者目線で分析

ドラッグストア分析
スポンサーリンク
皆さん、こんにちは。宮崎です。

経済専門家目線でもなく、株主投資家目線でもなく、薬剤師の目線でもなく、登録販売者の目線で企業を分析シリーズ。

宮崎
宮崎

今日は、北海道生まれの異端児!
ITの力で、ドラッグストア業界を変えようとしているサツドラホールディングス株式会社を解説していきたいと思います!

 

サツドラホールディングス株式会社を分析

スポンサーリンク

会社概要の解説

社名   サツドラホールディングス株式会社
売上高  84,649百万円 (2019年(令和1年)5月期 連結業績)
従業員数 2,801名(うち、パート社員及びアルバイト1,657名)
(2019年(令和1年)5月15日現在)
資本金  1,000百万円
サツドラホールディングス株式会社は、ドラッグストア「サツドラ」を展開している、株式会社サッポロドラッグストアーを傘下にもつ、北海道札幌市に本社を置く企業です。
サツドラホールディングス㈱は、他にも…
医薬品、化粧品、食料品等、日々使う物を製造、販売、卸をしている、「Creare株式会社」
マーケテイングを専門にしてている、「株式会社リージョナルマーケティング」
POSシステムを研究している、「GRIT WORKS株式会社」
エネルギー事業をしている、「株式会社エゾデン」
等…色々な会社を傘下に収めています。
また、台湾市場へ「台灣札幌藥粧有限公司」を起業し、進出をしていたり、新規事業として、小中学生向け英語&プログラミングスクールの運営「株式会社シーラクンス」とい会社を始めています。
宮崎
宮崎
サツドラホールディングスは、従来の販売のみに力を注力するのではなく、ドITの力で小売りのあり方、そしてドラッグストア以外での生き残りをしている会社です。

 

コメント