サンドラッグの評判を登録販売者目線で分析

個人的にドラッグストア分析
スポンサーリンク
皆さん、こんにちは。宮崎です。

経済専門家目線でもなく、株主投資家目線でもなく、薬剤師の目線でもなく、登録販売者の目線で企業を分析シリーズ。

 

宮崎
宮崎

本日は、「サンドラッグ」について、分析をしたいと思います。
これから、ドラッグストアに転職を考えている方、他社に転職を考えている方、是非参考にしていただければと思います。

「サンドラッグ」を分析!

スポンサーリンク

「会社概要の分析」

【分析】

会社名    株式会社サンドラッグ
本社     東京都府中市若松町1丁目38番地の1
代表者    代表取締役会長 才津 達郎  代表取締役社長 貞方 宏司
設立     1965年4月
資本金    39億3,120万円
直営店舗   663 / フランチャイズ店舗 63 (2019年3月末)
従業員数   6,882名 (2019年3月末) (パート、アルバイト含む)
事業内容 ドラッグストアチェーン経営 調剤薬局経営 フランチャイズ・ボランタリーチェーン                店への商品供給と経営指導 ほか
サンドラッグの事業は、大きく分けると、①ディスカウントストア事業 ⓶調剤事業 ③ディスカウント事業の3つに分けられます。
ドラッグストア事業、調剤事業は、「サンドラッグ」、「サンドラッグファーマシーズ」という看板で運営を行っています。
ディスカウント事業は、「ディスカウントストア ダイレックス」という名で、ダイレックス株式会社が2009年に子会社化し、九州を中心にLDLP販売の運営を行っています。
他にも、マツキヨと同じように、フランチャイズ事業を行っています。
四国地区で、株式会社大屋が「mac」という名で、山梨県・長野県に展開する食品スーパーの株式会社いちやまマート、新潟県を中心に、株式会社星光堂薬局が「ドラッグトップス」という名で運営しています。
そして、北海道は株式会社サンドラッグプラスが「サンドラッグトップス」という名で運営していますね。
サンドラッグは、「1店舗2ライン制」という独自の運営を方法を取っていて、「調剤・OTCカウンセリング」など薬学的な専門技能が必要となる仕事をすると、「店舗運営・経営数値の管理」など経営にかかわる仕事をするスタッフを分けて配置しているらしいです。
正直、関係ない気がしますけどね…笑
サンドラッグは、基本的に安売りですから。
スタッフも、OTCの薬剤師も常に品出しをしている印象しかないです。
私の知り合いも、一日中品出しをしていると言っていました笑
ある意味、登録販売者も薬剤師も平等に扱われるのですかね。
マツキヨと全くの正反対な気がします。
 2018/4/1~2019/3/31 までのマツキヨvsサンドラの販管比率ですがマツキヨが24.9%に対して、サンドラは19.2%です。
ちなみに、コスモスは15.8%です。コスモスの販管比率の低さが分かりますよね。
宮崎
宮崎

ところで、中部薬品という会社はご存じですか?

 

 

中部地方を中心に「V+drug」という名で、現在勢力を拡大している、ドラッグストアです。

元々、この中部薬品が、「サン・DRUG store」という名で、岐阜、愛知、三重と北陸に展開していましたが、サンドラッグが先に全国区に出店をしていった為に「サン・DRUG store」→「V+drug」に変更したとか、しないだとか…。

サンドラッグは出店基準が厳しい事は、有名ですが、銀座の一等地に出店しました。

あれだけの、販管費を抑えていれば、当たり前ですがローコストオペレーションと安売り戦略を貫いていました。

「サンドラッグには『3年後に年間3000万円の利益が出せる見込みでないと出店しない』という厳しい基準がある」らしいです。

ちなみに、家賃:9,000円/坪×10坪で小規模な調剤薬局を出店するだけでも、4500万円だそうです。

銀座中心部の平均賃料は25万6000円(月/坪)ぐらいなので、どんでもない金額ですね…。

インバウンド狙いでしょうが、タイミングが悪い気がします。

すでに、インバウンドは終わっていますから。

スポンサーリンク

「主要株主は誰?」

【分析】

株式会社イリュウ商事 37.45%

多田直樹  2.66%

多田高志  1.88%

サンドラッグ創業者である、多田家が株を保有していますね。

多田直樹氏、多田高志氏は

、多田幸正氏の息子さんです。

サンドラッグの取締役管理本部長を務める多田直樹氏は、ディベロッパー事業をしている、株式会社フォレストモールも社長でもあるんですね。

株式会社フォレストモールは、山梨、群馬、埼玉、東京で10店舗のショッピングセンターを運営しています。

社員数30名で、年商19億円の売り上げをあげています。

全てのショッピングセンターでは無いですが、サンドラッグがテナントとして入っていますね。

一店舗だけ、クスリの福太郎が入っていました。

いつかは、サンドラッグに変わりそうですね…。

「給料・福利厚生は?」

【給料】
月給17万9700円~50万円
※一律手当含(年齢、職能、地域、育成)
【年収例】
438万円/27歳・店舗運営責任者/月給27万3660円
560万円/30歳・スーパーバイザー/月給35万5310円
631万円/35歳・課長/月給38万3600円
諸手当
通勤交通費、育児手当、自己育成、超過勤務、登録販売者手当 等
昇給・賞与
年1回・年2回
社会保険完備
社員持株会
財形貯蓄
住宅資金貸付制度
確定拠出年金、他
宮崎
宮崎

【総評】
一部上場しているので、基本的なものはあります。

給料は振り幅が大きいですが、基本的に基本給は安いと思います。

サンドラッグは残業で稼ぐって有名ですからね。

残業代は1分単位で出ると聞いたことがありますが、サンドラッグで働くのは大変でしょうね…。

あの仕事を見ていたら、正直考えます。

個人的には転勤も多いそうですし、研修参加も公休扱いらしいです。

コスモスも含めて、販管費を抑える会社は何かしらあります。

参考にしてみて下さいね。

 

 

コメント