マツモトキヨシの評判を登録販売者目線で分析

個人的にドラッグストア分析
スポンサーリンク
皆さん、こんにちは。宮崎です。

経済専門家目線でもなく、株主投資家目線でもなく、薬剤師の目線でもなく登録販売者の目線で企業を分析シリーズ。

宮崎
宮崎

本日は、「マツモトキヨシ」について、分析をしたいと思います。

これから、ドラッグストアに転職を考えている方、他社に転職を考えている方、是非参考にしていただければと思います。

 

「マツモトキヨシ」を分析!

スポンサーリンク

「会社概要の分析」

【会社概要】(2019年7月14日)
名称
株式会社マツモトキヨシ
所在地
〒270-8501 千葉県松戸市新松戸東9番地1
創業
1932年(昭和7年)12月26日
会社設立
1954年(昭和29年)1月8日
資本金
210億8千6百万円
決算日
毎年3月31日
営業品目
医薬品、化粧品、雑貨品、食料品、DIY 用品、他

「役員・執行役は?」

役員
相談役/松本 清雄
代表取締役社長/大田 貴雄
取締役副社長/松本 貴志
取締役/小部 真吾
取締役/石橋 昭男
取締役/杉戸 一雅
取締役/岡澤 隆弘
取締役/宮田 亮史
監査役/本多 寿男
相談役/松本 清雄 (まつもと きよお)
1973年1月20日 生まれ(46歳、2019年時点)
マツモトキヨシ創業者の松本清の孫で、マツモトキヨシホールディングス相談役を務める。
明治薬科大学卒業。
1995年マツモトキヨシ入社。
2005年取締役商品部長に昇格。
2007年のマツモトキヨシホールディングス設立時に同社取締役に就任。
2019年相談役(株式会社マツモトキヨシHD 代表取締役社長)

代表取締役社長/大田 貴雄(おおたたかお)
1951年12月生まれ(68歳、2019年時点)
1974年近畿大学商経学部卒業
1974年ダイエー入社
2005年スギ薬局入社
2011年スギ薬局代表取締役副社長
2013年スギ薬局代表取締役会長兼スギホールディングス取締役
2014年マツモトキヨシ入社
2015年マツモトキヨシ取締役
2016年マツモトキヨシ取締役副社長
2019年マツモトキヨシ代表取締役社長(株式会社マツモトキヨシHD 執行役員)
取締役副社長/松本 貴志
1975年5月生まれ(44歳、2019年時点)
1999年4月 佐藤製薬株式会社入社
2002年4月 株式会社マツモトキヨシ入社
2015年4月 当社常務取締役営業企画・商品統括管掌
2019年4月 当社常務取締役営業統括本部長(株式会社マツモトキヨシHD 常務取締役)

大田 貴雄氏は、元スギ薬局の社長です。

個人的には、マツモトキヨシはスギ薬局とくっつくのかなぁと思っていましたが、両社、同族経営なので、統合をするにはハードルが高いですよね

 

取締役/小部 真吾
1985年4月 株式会社ダイエー入社
2003年4月 アデコキャリアスタッフ株式会社入社(現アデコ株式会社)
2006年12月 株式会社マツモトキヨシ入社

ダイエー出身です。
そして、今の人材派遣会社のアデコ(株)からの転職なんですね。

取締役/石橋 昭男
株式会社三井銀行入社(現株式会社三井住友銀行)からの転職です。

皆さん、大企業からの転職組が多いですね。人を選ぶんでしょうかね、さすがマツモトキヨシです。

現在、マツモトキヨシ会長の「成田 一夫」氏は、リクルートホールディングス出身なんです。

気のせいでしょうか…。

マツモトキヨシの上層部はダイエー出身が多い気がしました…。

「マツモトキヨシの主要株主は誰?」

松本鉄男  11,135千株  508億円
日本トラスティサービス信託銀行  10,625千株  485億円
松本南海雄 6,347千株  289億円
千葉銀行  4,515千株  206億円
日本マスタートラスト信託銀行  3,738千株  170億円
エーザイ(株)  2,815千株  128億円
松本貴志  2,466千株  112億円
松本清雄  2,462千株  112億円
スポンサーリンク

主要株主が企業は置いといて、松本家の個人での資産は、もうヤバいですね。

大企業で働くサラリーマンの平均生涯年収は約2億4千万円と言われておりますが、

松本清男氏は、約47回人生やり直せますね

鉄男氏は、約211回人生やり直せます。


これは……羨ましい(*´Д`)

大きく話は変わりますが、「鉄男」っていう名前を見た時、「スラムダンクの鉄男」を思い出したのは、私だけでしょうか?


鉄男、私好きだったんです。

最初は、こいつ何なんだよ!って思っていたんですよ。

その時は、「水戸派」だったんで。

ただ、あの一件が終わった後の、あのセリフ痺れました。

長髪から、短髪になったミッチーを見て、

「なんだ、その頭は。スポーツマンみたいだな」
「ま、そっちの方が似合っているよ、オメーには」(第9巻)

で、「ニィ」と笑って、バイクで颯爽と行ってしまう。

姿に男の友情を感じました。

スポンサーリンク

そして、事ある事にミッチーを助ける、鉄男に私は、「こんな友達欲しいなぁ」って思っていました。(すいません、話がそれました)

一族が大株主という事は良くありますし、千葉銀行はマツモトキヨシの本拠地である、千葉の銀行ですよね。
では、エーザイ(株)が大株主って少し気になりませんか?

最近、大々的な大リストラを行って、会社の業績が芳しくないエーザイですが、大衆薬の、「チョコラBB」や、「セルベール」が有名ですよね。

メーカーが、小売りの大株主になるなんて、少し面白い気がしました。

松本一族が、株の大部分を所持しているので、会社の安定性は良いと思います。

私も株やっているのですが、高値の時に売っぱらちゃうので一族が持っていると、そんな事もあまりなさそうな気がします。

スポンサーリンク

「販売体制の視点は?」

【マツモトキヨシの販売会社】
マツモトキヨシは、各エリアに販社があるので、基本転勤はあまり無いと思います。

ただ、マツモトキヨシで採用されると、全世界に転勤があるらしいです…。

各販社ごとで、給料や、福利厚生が違うので、これから受けようと思っている方注意しましょう!

株式会社マツモトキヨシ…関東・関西・東海
株式会社ぱぱす…東京
2006年7月にマツモトキヨシの子会社

株式会社マツモトキヨシ東日本販売…北海道・東北・北関東
本拠地の宮城県の全店舗をはじめ、東日本を中心に北海道・青森県・岩手県・秋田県・山形県・福島県・栃木県・群馬県・新潟県の一部の「マツモトキヨシ」や「ダルマ」の店舗運営・統括にあたる。

前身は、ダルマ薬局
2012年株式会社マツモトキヨシホールディングスに買収される。

2015年株式会社マツモトキヨシホールディングス完全子会社となる。

株式会社マツモトキヨシ九州販売…九州
鹿児島県を中心として九州地区・沖縄県・山口県にドラッグストアのチェーン店を運営する企業で、マツモトキヨシホールディングスの完全子会社である。

前身は、ミドリ薬品。元々はマツキヨのFCをしていました。

2006年株式会社マツモトキヨシと業務・資本提携を締結。

2010年 株式会社マツモトキヨシホールディングスの完全子会社となる。

株式会社マツモトキヨシ甲信越販売…長野の中心とした、甲信越
前身は、株式会社健康家族・株式会社マックス・株式会社中島ファミリー薬局・株式会社イタヤマメディコ。

2015年マツモトキヨシ甲信越販売が、株式会社イタヤマメディコを吸収合併して今に至る。

株式会社マツモトキヨシ中四国販売…中四国

前身、株式会社ラブドラッグス。

2015年株式会社マツモトキヨシ中四国販売が、子会社であったラブドラッグスを吸収合併して、今に至る。

株式会社 示野薬局…石川・富山・福井
2013年12月に株式譲渡により、株式会社マツモトキヨシホールディングスの傘下に移行する。

スポンサーリンク

「給料・福利厚生は?」

【給料・福利厚生】
(モデル年収)
●30歳店長
年収約500万円
(月額30万円 賞与140万円)
●35歳店長
年収約600万円
(月額37万円 賞与156万円
(会社の中途HPから引用)

良いじゃないですか!?

店長になれば、500万円は、モデル年収として提示されているのは魅力的ですね!


私の求める年収が低いのかもしれませんが…笑

ただ、中小企業はもっと酷いです…。

メーカーであっても、年収は低くなったりするので、注意してください。

(休日)
年間休日116日(月9~11日)
有休、慶弔、介護、アニバーサリー、
産前産後、育児休暇(最大2年)、
連続休暇(7日)、特別休暇、
※入社2年目以降休日・休暇122日以上

年間休日も、2年目以降は122日以上もGoodです。

恐らく、アニバーサリー休暇という休暇をしようして、122日以上だという事だと思いますけど。

再雇用ライセンス制度
…やむをえず退職した従業員が再び勤務をする場合、3年以内であれば、以前の資格等級にて復職が可能です。介護などで辞めた方には、ありがたい制度ですよね。
今のご時世には、良いと思います!

店長ライセンス取得研修
…店長に登用される為の資格『店長ライセンス』の取得を目的として全6日間実施します。
マツキヨは、店長になる為に店長ライセンスが必要なんです。全ての人間が自動的に店長になれるわけでは無いみたいです。
それに、定期的に試験?らしいものをすると聞いたこともあります。

スポンサーリンク

チャレンジ店長研修
…管理職として必要な知識の習得と意識を高めることを目的に実施します。

女性が、店長になりやすい環境が整っていますが、個人的には、男性には不利なので嫌ですね…。
実力の伴う女性が店長に抜擢されれば文句はありませんけどね。

でも、給料も、福利厚生でも、ドラッグストア業界でもトップクラスだと思います。

私も、ここ転職で受けましたが、結構の額の年収の提示がありました。


それに、資本金・株主の構成から見ても安定性は抜群ですね。

まずは、受けてみることをお勧めします!!

事前にWEBでテストあるので対策した方がいいですよ。

転職を検討している方、是非参考にしてみて下さい!

コメント